郡上八幡コンサート終了しました2016/08/29

20余年吉良家が通い詰めた郡上八幡。ZABADAKの30周年と、照明寺でのコンサート20周年と、郡上鮎が世界農業遺産に認定されたことを受けた記念の催しで、8月27.28日と、照明のお堂のコンサートと、郡上旧庁舎記念館川崎ホールでコンサートをしました。
この予定は昨年の10月から決まっていました。

今回はギタリスト鬼怒無月さんとバイオリニスト向島ゆり子さん、そして20回以上郡上に一緒に来ている息子の草太郎もベースでコンサートに参加しての
zabadak。
それに加えて昨年からの計画で「雲の言葉」をウィーン在住の音楽家の友人、斉藤雅昭さんに合唱アレンジしていただき、照明寺の合唱団「照声会」の皆さんが歌ってくださいました。美しく澄んだ歌声は、歌う方々の気持ちをそのまま映しているようでした。お客さんの応援も嬉しかったです。

昨年のコンサートのあと、いつもお世話になっている郡上のドン、武藤さんが
「すばらしい別荘があって、リニューアルするから来年は是非泊まってほしい」とおっしゃってくれていました。
「戸口から玄関までのアプローチが20メートルある」というお屋敷だということで、私も吉良くんも、どんなところなのかと楽しみにしていました。
想像以上にすてきなお宅でした。



もともと郡上へはギフチョウを見に訪れたのがきっかけです。
そのギフチョウの食草であるカンアオイがその家の中庭に植えられていました。武藤さんは「ここにギフチョウが来るようになってほしい」と。
吉良くんが訪れることはできなくなってしまいましたが、ギフチョウになって飛んで来るかもしれません。そうなるまで、郡上に通わなくては。




吉良くんの高校の同級生の酒向くんは名古屋から郡上まで、ミュージシャンチームをクルマで送迎してくれて、心細やかなサポートをしてくれました。菊池誠さんはサウンドチェックに信頼できる意見をくださり、サバ伸ちゃんもお手伝いたくさんしてくれました。
お寺の皆さん、観光協会のみなさんも、メグさん、お世話になったすべての皆さん、きてくださったみなさん、本当にありがとう。

お客さんから「また郡上に来てくださいね」って言われましたが、
実は、今回はあまりに想い出深い場所なので、行くのが怖かったんです。ココロが決壊したらどうしようか、と。でもそれは杞憂でした。みんなのあったかい想いに、逆に救われました。
20年かけてZABADAKと郡上が作り上げたご縁の深さは、より一層強くなっていると感じられ、感謝の気持ちしかありません。
よんでいただける限り、三千年の罪を軽くしに伺います。
どうか、みなさんこれからも吉良くんが生きていたことをライヴでも感じて、吉良くんが大好きだった郡上の街を好きになってほしいです。

ZABADAKはこれからいろいろと変容していくと思いますが(鬼怒さんがメキメキと音を立てて歌を歌っていく予感)吉良知彦の書いたたくさんの音楽をずっとずっと歌い演奏していきたいと思っています。
吉良くん、こんなにたくさんの曲をありがとう。
みなさん、どうかまたお運びください。



「ZABADAK 吉良知彦 ~katami wake~ かたみわけ」のお知らせ2016/07/19

zabadak 吉良知彦~katami wake~ かたみわけ
のれんわけから23年。
演劇集団キャラメルボックスの加藤昌史さんが、こんな素敵なタイトルをつけてくださって、こころ強い有志の皆さんたちとともに、吉良知彦のお別れの会を催してくださることになりました。

ロビーでの弔問にはどなたでもいらしていただけます。
ロビーには吉良の使用楽器などを展示します。
劇場内での催しはファンクラブ優先枠がございます。
本日(19日)発送予定のDMをご覧下さい。

喪服はなし!です。
zabadakTシャツや前掛けをお持ちの方はぜひ。

なお、サンシャイン劇場ではキャラメルボックス『彼は波の音がする』『彼女は雨の音がする』公演中です。
katami wakeは、マチネの公演のあとに行われます。

「ZABADAK 吉良知彦 ~katami wake~ かたみわけ」のお知らせ

http://www.zabadak.net/information/2016/0405_20160719_notice.html

photo:Yoshihisa Dokachin Tamura

おしらせ2016/07/15

zabadakの公式HPをこちらにもリンクします。

http://www.zabadak.net/information/2016/0402_20160706_notice.html

お別れの会については詳細が決まり次第こちらでもお知らせ致します。

zabadakの「のれん」は守っていきます。
これからも世界一素晴らしい音楽を歌っていきます。
力強いことに、大好きなメンバーたちがこれからもサポートしてくれると言ってくださっています。
zabadakの旅はまだまだ続きます。
みなさん、ついてきてくださいね!!

吉良家のごはん7/22016/07/15

吉良くんがSNSで虫採りにいってた写真をアップしていましたが、虫採り大谷原行きは6/30〜7/1のことでした。
7/2に採集してた虫の展脚をしていました。
成果を知りたい方もたくさんいらっしゃると思うので、そのうちにその標本写真をアップします。
虫の嫌いな人はゴメン。
なので今日はゴハン写真を。

私は自分の作ったごはん写真を結構記録して撮ってたんです。
7/2の夜ゴハンは吉良くんが好きなエスニック料理でした。
コドモと3人でバジルチキンソテー(野菜いっぱい)、辛いチキンサラダ(代々木の「アンコール・ワット」というお店の真似です)、コーンの炊き込みゴハンの夕食。このコーンゴハンは、おかざき真里さんがTwitterにレシピをアップしていたので初めて作りました。
吉良くんは美味しいもの食べると身体が左右に揺れるのです。わかりやすい。この日もバジルチキンソテーを一口食べて「うん!」って言って揺れてました。

みんなに「ちゃんとゴハン食べてね」って心配されてますけれど、今朝はコドモとゴハンたべました。みんなもちゃんとゴハンたべようね






小峰公子よりファンのみなさまへ2016/07/07

これほど多くの方がzabadakを愛してくれていたことに
改めて驚いています。
今ごろ吉良はにこにこ笑っていると思います。

イレモノとしての身体はなくなりましたが、
吉良知彦の中身は、多くの、本当にこれほどよくも作ったなあというほど多くの楽曲の中にずっと生き続けていくでしょう。

どうかこれからも彼の作った曲を
私と一緒に歌い、育ててください。
zabadakは今後もいろいろな形に姿を変えながら
終わらない旅を続けていきます。

あの日から5年、4度目の郡山スペースパークコンサート終了2016/03/14

郡山スペースパークコンサート、無事に終了しました。

14:30からの回はせっかくいらしてくださったのに、ご入場出来なかった方もいたほど(申し訳ないです!)の満席でした。

遠く神奈川、東京、千葉、名古屋からもたくさんの方がきてくださり、本当にありがとうございました。


スペースパークは、音響への配慮ももちろん、楽屋にはドリンクやお菓子、着替えのスペース、ステージの手前にも姿見を置いてくださったり、いつもながらこまかい心配り。

感謝です。

星空の演出もいつも凝りに凝ってくださって、本当は渾身の映像を見たいのですけれど、演者は永遠に見られないというジレンマにもんどり打ってしまうのです。

プラネタリウムのコンサートには遠く神奈川、東京、千葉、名古屋からもたくさんの方がきてくださり、本当に嬉しかったです。みんな、福島を楽しんでくれたかな。


3/12のコンサートの日は、全国紙に福島県からの全面広告がでました。


「あなたの思う福島はどんな福島ですか?」
「いろいろな声によって誇張された福島はそこにはありません」



県内の新聞にはさらに、以下の部分が加えられていました。




風化させないようにと、「忘れない」という言葉が使われますが、私たちにとって、あの日からのことは、忘れることのほうが難しいのです 


ーーーーーーー


5年経ってこのような発信をするということはどんなことか、福島の置かれた難しい状況を改めて考えました。


広島と長崎の今の姿を知り、核実験がバカスカ行われてきた時代を経てきた私達は福島の事故の影響を冷静に考えよう、と思えるはず、です。


みなさん、福島にぜひ、きてくださいねー!!


明日は郡山スペースパーク!2016/03/11

震災後に福島で歌うきっかけをくれた(いきさつはこちら
http://koko.asablo.jp/blog/2012/07/26/6522512
の、最後の方に書いてあります、2012年夏の当日パンフより )、郡山のスペースパークでのコンサートがいよいよ明日になりました。
スペースパークでのコンサートはもう4回目なんですねえ。

ぜひお近くの方は見にいらしてください。
入場料が安い!

震災から今日で5年、テレビはざわざわ騒がしいけれど
ここはいつもと変わらない美しい星空です。
いろんなことを1時間だけ忘れて
ご一緒に空の旅にでかけませんか。
http://www.space-park.jp/events/concert/2016/0312/index.html

zabadak30周年記念コンサート、来月です!2016/02/26

映像吉野さんから届いたzabadakの昨年プログレナイト2015より、
「冬」の動画をアップしました。素晴らしい演奏を聴いてくださいまし。

今年は来月3/20がプログレナイト、翌日はゆかりのミュージシャンが沢山出演します!お立見席もございますのでぜひ!

https://youtu.be/HYYmCA_uvFA


第壱夜
 2016年 3月20日(日) 
17:00開場/18:00開演
 出演者:
ZABADAK 吉良知彦(Vo.Gt.)、小峰公子(Vo.Acc.)
難波弘之(Key.)、楠均(Dr.)、吉田誠(B.)、向島ゆり子(Vln.)、鬼怒無月(Gt.)、藤井珠緒(Per.)

第弐夜
 2016年3月21日(月・祝) 18:00開場/19:00開演
 出演者:
ZABADAK 吉良知彦(Vo.Gt.)、小峰公子(Vo.Acc.)
難波弘之(Key.)、楠均(Dr.)、吉田誠(B.)、向島ゆり子(Vln.)、鬼怒無月(Gt.)、伏見蛍(Gt.)

 ゲスト:斎藤ネコカルテット[斎藤ネコ(1st.Violin)、グレート栄田(2nd.Violin)、山田雄司(Viola)、藤森亮一(Cello)]

原マスミ、白崎映美、種ともこ、杉林恭雄、清浦夏実、日比谷カタン、伊藤ヨタロウ、濵田理恵 

【チケット】
1F座席指定通し券 11,400円(税込)(30th記念粗品付き/ドリンク代別)
2F座席指定通し券 13,400円(税込)(30th記念粗品付き/ウェルカムドリンク付)
20日21日共に 1F指定 6,200円(税込)(ドリンク代別)
※2階席は通し券のみのご案内となります。

東京キネマ倶楽部
東京都台東区根岸1-1-14
TEL:03-3874-7988
http://www.kinema.jp/
JR鴬谷駅南口より徒歩2分、東京メトロ日比谷線入谷駅より徒歩5分