昭和歌謡はたのし2017/08/14

クダラナ庄助祭りおまけ企画
今日は母のいる介護施設にいきました。

以前、吉良くんと二人でここで歌ったことをおぼえてくれていたおばあさんに「あの時は楽しかったわ」と話しかけられました。
「だんなさんは元気ですか?」とかふたりくらいに聞かれたけど、「はい」って答えました。本当のことをいうとややこしくなるので。介護されてる側の方が聞いたら複雑なことですしね。
そういうことも含めて、施設に行くといろいろと考えてしまうことが多く、何が地雷になるかわからないし(地雷はいたるところにあります。死を安易に扱うことの無神経さ、あるいは逆にリアルなものにも傷ついたりするのを避けたくて、芝居、映画、音楽すら…見るのが怖いです)、昨年夏以来、母には会いたい気持ちはあるのですが足が遠のいていました。

施設に行くと、夕食の時間が近く、みなさんがゴハンを食べにホール集まってくるところでした。自力で来れる方は自力で歩いて。自力で車椅子でくるひと、車椅子を押されて来るひと。
介助されながら食べる方々、黙々と食べる方を見てるうちにどよーんとしてきました。
吉良くんとは「お年寄り」になれなかった。
そんな思考に沈んでいくのを感じていかんいかん、いっちょ歌ってみっか、と思い立ちました。
介護士のかたに「歌っていいですか?」ときくと
「せひせひ!!みんなよろこびますよ!」と。

いったんミュージシャンモードにシフトすると自分の気分も変わり、何人かのお年寄りから手拍子が起きてきました。
それまで全介助で食事していた無表情のおばあさまの顔がみるみる紅潮してイキイキと笑顔になったのは驚きでした。
私こそ感激でした。歌の力はおおきいな。
そのあと母の部屋で一緒に何曲か歌いました。歌詞って覚えてるんですねえ。
っつーわけで、また歌いにいくぞー。

あさってはクダラナ庄助祭りおまけ企画、古関裕而メドレーやあれこれ、歌います。500円ワンドリンクで投銭です。
投銭はお気持ちで10円でもいちまんえんでもいいですから、ぜひお年寄りもきたれ!お父さんお母さんも連れてお近くの方はぜひ。
懐かしい昭和歌謡満載です。
福島AS SOON ASにて、「ザ・イヨマンテ」14時からです。
そのあと、テルサの会場のステージでもzabadakでおなじみの相馬のあの歌を歌ったり、いろいろします!!
お待ちしております。

詳細はこちら
http://www.zabadak.net/information/2017/0450_20170715_live.html

これまでと、これから2017/06/09

今週、5回にわたって掲載された私のインタヴュー連載も今日で最終回です。

「萩庭桂太 YOUR EYES ONLY」
#5 小峰公子 keitahaginiwa.com/3539/detail

素敵な写真を撮ってくださった萩庭さん、うまく話をひきだし、まとめてくださったインタビュアーの岡本さんありがとうございました。新井さんも撮影場所の手配までお世話になりました。メイクの双木さんもきれいにしてくれてありがとう。
これまであまり話さなかったこともお話でき、自分にとっても大変意義深い連載でした。
読んでくださったみなさん、ありがとうございました。

今月はあと5本のライヴがあります。
まずは明日10日からの神戸チキンジョージ3連発。zabadakのあたらしい編成での演奏も、とても素敵なので、zabadakファンのみんなに聴いて欲しいです。
翌日は下田逸郎さんと「大きく、ひとりひとり」。一緒に作った曲もうたいます。
12日はアナログシンセ&プログレ祭りにゲスト参加です。
半年ぶりの関西、楽しみにしております。

昨日はポール!行けた!2017/04/28

ポール・マッカートニー@東京ドーム
昨日はポールのコンサート@東京ドームに行けました。
相変わらずパワフルでカッコいいポール。最初のジャケット(腕章みたいなのがついてる)がとってもすてきだった。
そしてすんばらしいバンドメンバーよ。今のメンバーになってから長いですよね。ドラムのエイブがすっごく好き。歌もうまいし。

静かめの曲って、長くやっていくうちにテンポが遅くなりがちなzabadakですが、ポールのテンポ感は揺るぎなくオリジナル。
「イエスタディ」とか出だし「早くね?」とおもうんだけど、ジャストオリジナルなんですな。
見習わなくては。

ビートルズとともに年月を重ねてきた人々の思いがドームに充満していて、明るい光に照らされたような気分になりました。

ますむらひろしさんと草太郎と3人で観戦。
「りみつーよどー」昨日はやらなかったのがざんねん。
隣に吉良くんがいないけれど、笑ってきらきらと喜んで手を叩いているみたいな気がしていました。

肋骨折れてるっていうのに、つい、大声で大合唱してしまった。多分歌は大丈夫なんだけど、手を振り上げる、拍手する、っていう動作がまだだめみたい。いわきのライヴの前に、NG事項が確認できてよかった。

そう、最後にイギリスと日本の国旗を振るのは恒例ですけど、今回はLGBTのフラッグも加わっていました。

さすがに久しぶりの遠出で疲れましたが、贅沢なリハビリでした。
サンキュー・ポール!

zabadak31stありがとう2017/03/30

zabadak31st.@キネマ倶楽部
zabadak31周年記念コンサートにおいでのみなさま、緻密なパート分けやアレンジや譜面作りに多くの時間を割いてくれた仲間、ゲスト出演してくれた至宝のようなみんな、素晴らしいと誰もが絶賛のzabadak自慢のスタッフのみなさん、ありがとうございました。

昨年からこの日まで、いろいろなことがありすぎて、普通だったらこんな奇跡みたいなコンサートを出来る状態じゃなかったのに、zabadakを愛し、支えてくださった皆さんのおかげでこの日をベストなかたちで終えることができました。感謝します。
吉良知彦にも永遠に感謝します。

この春、初めてキチョウを見た日に。

photo:kiyomi sakuma

zabadak30周年ありがとうございました2017/02/20

多摩六都プラネタリウムコンサート、関わってくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
30周年のラストとなるコンサートで、ここのところスケジュールも過密だったこともあり体調も万全とはいえず、この日を越えられるのか、とかなりプレッシャーに感じておりました。
しかし、緻密なアンサンブルを考え、吉良くんヴォーカル曲を新たに演奏する過程ではいろいろな発見もあり、これからも進んでいく糧ともなりました。
投影の演出は残念ながら演者からは見えなかったのですけれど、皆さんの感想を見るととても素晴らしかったようですね(辛口の某プラネのスタッフも褒めていた!)。
「見たい日の星空や演出のリクエストがあったらなんでもお応えしますよ」と多摩六都の柴崎さんが言ってくださったので、吉良くんの誕生日の星空と、地球外からみた星座の画像をリクエストしました。これについては後日また時間があったら書きますね。

いつもの音響スタッフチームのサポートで、ストレスない、どころか、とても気持ちよく歌えました。
ロビーで流した30周年のコンサートの編集をしてくださった吉野さんもありがとう。二日間、詰めてくださいました。
いろんなところから聴きに来てくださってありがとう。

吉良くん、ありがとう。こんなにこんなにみんなzabadakが好きなんだよー。

Play Your Days 終了しました2016/12/23




1/18の吉祥寺ROCK JOINT GBにおいでのみなさま、メンバーとスタッフのみなさん、私をクルマで送ってくれた近所の友人、近く遠くから心を寄せてくださったみなさま、ありがとうございました。

昨年9月のNHKFMの名企画「今日は一日プログレ三昧」に出演した際に結成された「キドキラプラス」のメンバーで、昨年クリスマス、そして今年の5〜6月とツアーをし、また年末にこのメンバーでやろうね、と話していました。

鬼怒さんが中心となり(というかバリバリ仕切ってくれて)向島ゆり子さんが加入して、吉良君が愛した音楽と、吉良君が創った音楽を演奏しよう、とこのライヴを企画してくれました。
キドキラプラス、ではなく、zabadakのナンバーのタイトルの「Play Your Days」をバンド名にしよう、という素敵な提案をしてくださったのも鬼怒さんです。
メンバーからも客席からも、吉良くんを思う気持ちが溢れていました。

ヘタレな私をビシビシ前に進めていってくれる仲間がいて、本当にうれしい。
セットリストと、鬼怒さんと私による曲解説もこちらからご覧いただけます。
http://www.zabadak.net/information/2016/0419_20161102_live.html

写真は波岡波魚ちゃん。
珍しくワンステージとツーステージで衣装も変えてみたよ。

       鬼怒無月

       小峰公子
       向島ゆり子
       吉田誠
       楠均
       小峰公子 鬼怒無月



zabakaraqujilaokinox20162016/12/19

zabakaraqujilaokinoxのもとになったzabakaraqujilaは、お客さん情報によると22年前に誕生したそうです。
12/17、この日は早くもソールドアウトで、満員の会場はすでに熱気が。



吉良くんが毎年あつくるしいばかりにはっちゃけていたこのライヴ、今年は吉良草太郎が初参加しました。昨年吉良くんがマネージャーの利佳ちゃんから誕生日プレゼントにもらったアップルのパーカーを着て、父の弾いていたベースで参加しました。





草太郎は昔から青木さんが大好きで最近はくじらにもハマっていただけあって、最高に楽しそう。てか贅沢だろー。

今回は青木孝明さんがzabadakのナンバーを歌いました。誠実かつロックな声は「星の約束」にピッタリでしたね。
「12月の恋人」は草太郎のリクエストでした。



いらしてくれたみなさん、ありがとう。そしてこの企画をずっとささえてくださってたEggman Tokyo Eastの高橋さんほかスタッフの皆さんも、ありがとう。ジジババになるまでやりますよ!




写真:波岡波魚


zabakaraqujilaokinoxリハでした2016/11/21

昨日はzabakaraqujilaokinoxのリハーサル。というよりは、最初ヴォーカルとコーラスの割り振り決めくらいのつもりだったのですが、全員揃ったことだし、持ち楽器も変わったりしたところもあり、ということでみっちり3時間、しかしあっという間でした。
吉良くんのヴォーカルの曲を青木さんが歌ったりするのですが、彼のまっすぐで誠実な声はzabadakの曲にぴったり。マイクを使わずのリハでしたが、生の声がとても気持ちよくて、心がほぐれました。
今回はベースで息子の草太郎が全面的に加わります。幼い頃から聞いてきた曲、そして小学生の頃から青木さんファンだったこともあり、そして最近はくじらにもハマっているので、プレイする歓びが全身からにじみだしてました。よく「家元」とか「同じ釜の飯を食う」とかよくわからないなあと思ってたんですが、こうして生まれてすぐに浴びてきたものというのは「好き」ということだけでなく血肉になっているのだなと感じた(そう思ったの初めてかも)次第。
このところ鬼怒さんゆり子さん、東6に鍛えられてきたものがちゃんと表れてる。コドモとしてではなく、ひとりのプレイヤーとしての成長を目の当たりにしております。
そして、昨日の原マスミさんといい、私自身も音楽に救われてることを実感、ありがたや。
そして、ただいま、一昨日のEra+難波弘之の音源を鬼怒さんから送っていただき、zabadakの「グスコーブドリの伝記」と「PACO」の演奏を聴きました。すばらし〜。いろんな編成で吉良くんの作品が演奏されていることはとてもとても嬉しいです。
zabakaraqujilaokinoxのチケットはソールドアウトですが、当日券が若干出るかもしれません。詳しくは
http://www.egg-mte.com/schedule/2016/12/17002357.html