「Stolen From Strangers」〜三宅純2008/11/03

レコーディングも終わったし、
さしあたって曲を憶えなければ
ならないようなライヴもないので、
iPodは「宿題」のためではなく
(詩が出来なかったり、曲を憶えたりしなくちゃならないときは
常に「to do」リストの曲を聴いてるのだ)
単純に音楽を楽しむためのものになった!

Ipodにはエノケンもジェーン・バーキンも
懐かしのTeas for fearsもPhil Manzanera も
どんどん入れちゃう。
けれど、ここしばらく、自分の純粋な楽しみのために
iPodに入れてよく聴いた音楽No.1は、
間違いなく三宅純さんの
「Stolen From Strangers」だ。
発売になったのは、去年の秋だから、
1年以上の愛聴盤となっている。

三宅さんのことはパリに行った折の日記にも
以前書かせていただいたが
http://koko.asablo.jp/blog/2007/02/19/1195974
パリでお会いした時に
このアルバムの曲を少し聴かせていただいて、
リリースされるのを心待ちにしていた。
なので、昨年HMVのJAZZのフロアで
にぎにぎしくディスプレイされているのを見た時には
ひとりコーフンした。

超モダンだけどどこかレトロ、
ざらざらした手触りかとおもうと
冷たくてつるつる
雑踏の猥雑さ
粋人のdecadance‥
両極端のものでさえも
上質な曲から立ち上るエッセンスの前では
【三宅純】という、
もはやひとつのジャンルのなかで
美しく響き合っている。

Jean-Paul Goudeによるジャケットも
セ・クール!!
リズム、かっちょいー。
二曲目の心音みたいなリズムもザワザワする。
多彩なヴォーカリストも
絶妙な抑えとハジケで
三宅さんの広い庭で心地よく過ごしてるのがわかる。

メトロに乗ると、iPod聴きたくなるんだけど、
まだしばらくは「Stolen From Strangers」が
ヘヴィー・ローテーションNo.1の座に
居続けそうな気配である。

でも早く・・新しいアルバム、出してくれないかな〜。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私の本のサブタイトル「いま知っておきたい◯◯の話」の〇〇に入る数字は何?(答えは右のツールバーで)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://koko.asablo.jp/blog/2008/11/03/3872706/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。