立花あかね2006/06/03

ただいま公演中、明日千秋楽の
『小峰公子を よむ おどる + 罠の狼』
今日はマチネを観てきた。

キテました。
西山水木女史が
私の歌詩からナニモノかを汲み上げて
拡げてそれを役者とスタッフが
こうして演劇という形にしてくれたことに
こころから感謝。
ってか、スタッフでもあるんで
なんだかへんてこなきもちでいるのである。


写真は楽屋で化粧中の立花あかね。
カッコイイ顔のおかっぱ女優。

コメント

_ あかね ― 2006年06月09日 12時36分59秒

ひゃー。写真、ありがとうございます。おはずかしや。
大変お世話になりました。今後とも何卒よろしくお願い致します!

_ koko ― 2006年06月10日 01時20分48秒

美しいと大評判でございますとも。
吉良君は売れっ子女優「N・M」に似ている、といっています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私の本のサブタイトル「いま知っておきたい◯◯の話」の〇〇に入る数字は何?(答えは右のツールバーで)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://koko.asablo.jp/blog/2006/06/03/391826/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ AkaNetCafe - 2006年06月09日 12時34分05秒


『小峰公子をよむ おどる+罠の狼〜An in the KOKO+Wolf in the TRAP』、何とか千秋楽を迎えることができましたっ!お客様もたくさん入って下さって、しかもご好評頂き、とにかくホッとしている…

しかし…近々、Anでは「大反省会」が行われる。「劇団経営」について…
もちろん役者としての反省も多々あるのだけど。
でも今日は、全身の筋肉がバリバリに痛い私を休ませてくだせぇ〜